平成29年 春期 ITパスポート 問33

POSシステムやSCMシステムにJANコードを採用するメリットとして、適切なものはどれか。

 ア  ICタグでの利用を前提に作成されたコードなので、ICタグの性能を生かしたシステムを構築することができる。
 イ  画像を表現することが可能なので、商品画像と連動したシステムへの対応が可能となる。
 ウ  企業間でのコードの重複がなく、コードの一意性が担保されているので、自社のシステムで多くの企業の商品を取り扱うことが容易である。
 エ  商品を表すコードの長さを企業が任意に設定できるので、新商品の発売や既存商品の改廃への対応が容易である。


答え ウ


解説
JANコードは13けた(標準タイプ)のJANコードでは上位7けたまたは9けたが、8けた(短縮タイプ)のJANコードでは上位6けたが製造会社を示すメーカコードになり、このメーカコードは世界的に重複しないように管理されているので企業間でのコードの重複がなく、コードの一意性が担保されているので、自社のシステムで多くの企業の商品を取り扱うことが容易に可能です。


キーワード
・JANコード

キーワードの解説
  • JANコード
    一次元コードの一種で、商品などについていて、POSレジなどでの読み取り使われています。
    規格では8けたと13けたの2種類があります。
    私たちがよく見るバーコードの多くはJANコードです。

もっと、「JANコード」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ