2021年 秋期 応用情報技術者 午前 問50

アジャイル開発手法の一つであるスクラムでは、プロダクトオーナ、スクラムマスタ、開発者でスクラムチームを構成する。 スクラムマスタが行うこととして、最も適切なものはどれか。

 ア  各スプリントの終わりにプロダクトインクリメントのリリース可否を判断する。
 イ  スクラムの理論とプラクティスを全員が理解するように支援する。
 ウ  プロダクトバックログアイテムを明確に表現する。
 エ  プロダクトバックログの優先順位を決定する。


答え イ


解説

 ア  各スプリントの終わりにプロダクトインクリメントのリリース可否を判断するのは、開発者です。
 イ  スクラムの理論とプラクティスを全員が理解するように支援するのは、スクラムマスタです。
 ウ  プロダクトバックログアイテムを明確に表現するのは、プロダクトオーナです。
 エ  プロダクトバックログの優先順位を決定するのは、プロダクトオーナです。

  • プロダクトオーナ
    作成するプロダクトに対する、最終決定権や責任を持つ人
  • スクラムマスタ
    スクラムチームのリーダとして開発メンバのサポートを行うとともに、外部の関係者にもスクラム開発の価値を理解してもらうために説明を行う人
  • 開発者(メンバ)
    開発に関わる全ての人


キーワード
・スクラム

キーワードの解説
  • スクラム
    アジャイル開発手法の1つで、スクラムは“柔軟かつ全人的なプロダクト開発ストラテジであり、共通のゴールに到達するため、開発チームが一体となって働くこと”とされています。

もっと、「スクラム」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ