2021年 秋期 応用情報技術者 午前 問64

社員は、10名を対象に、ICT活用によるテレワークを導入しようとしている。 テレワーク導入後5年間の効果(“テレワークで削減可能な費用”から“テレワークに必要な費用”を差し引いた金額)の合計は何万円か、

[テレワークの概要]

  • テレワーク対象者は、リモートアクセスツールを利用して、テレワーク用PCから社内システムにインターネット経由でアクセスして、フルタイムで在宅勤務を行う。
  • テレワーク用PCの購入費用、リモートアクセスツールの費用、自宅・会社間のインターネット回線費用は会社が負担する。
  • テレワークを導入しない場合は、育児・介護理由によって、毎年1名の離職が発生する。 フルタイムの在宅勤務制度を導入した場合は、離職を防止できる。 離職が発生した場合は、その補充のために中途採用が必要となる。
  • テレワーク対象者分の通勤費とオフィススペース・光熱費が削減できる。
  • 在宅勤務によって、従来、通勤に要していた時間が削減できるが、その効果が考慮しない。

テレワークで削減可能な費用、テレワークに必要な費用
通勤費の削減額 平均10万円/年・人
オフィススペース・光熱費の削減額 12万円/年・人
中途採用費用の削減額 50万円/人
テレワーク用PCの購入費用 初期費用8万円/台
リモートアクセスツールの費用 初期費用1万円/人
運用費用2万円/年・人
インターネット回線費用 運用費用6万円/年・人

 ア  610  イ  860  ウ  950  エ  1,260


答え イ


解説
5年間の“テレワークで削減可能な費用”を計算すると
 通勤費の削減額:平均10万円/年・人×5年×10名 = 500万円
 オフィススペース・光熱費の削減額:12万円/年・人×5年×10名 = 600万円
 中途採用費用の削減額:50万円/人×5年×1名 = 250万円
5年間の“テレワークに必要な費用”を計算すると(中途採用者の費用に注意)
 テレワーク用PCの購入費用:初期費用8万円/台×10台 = 80万円
 リモートアクセスツールの費用:初期費用1万円/人×10名 + 運用費用2万円/年・人×5年×10名 = 110万円
 インターネット回線費用:運用費用6万円/年・人×5年×10名 = 300万円
したがって、テレワーク導入後5年間の効果は
 (500万円 + 600万円 + 250万円) - (80万円 + 110万円 +300万円) = 1,350万円 - 490万円 = 860万円
(イ)になる。


キーワード
・VPN

キーワードの解説
  • VPN(Virtual Private Network)
    公衆回線(通常の電話回線など)を専用線のように利用するための技術です。
    企業で本社・支店のような拠点間のネットワークは盗聴(データの漏えい)などのリスクから専用線を利用していたが、VPNを使用することで公衆回線(公衆網)を利用することができ、コストの削減などが可能になる。

もっと、「VPN」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ