2021年 秋期 応用情報技術者 午前 問79

企業が、“特定電子メールの送信適正化等に関する法律”における特定電子メールに該当する広告宣伝メールを送信する場合についての記述のうち、適切なものはどれか。

 ア  SMSで送信する場合はオプトアウト方式を利用する。
 イ  オプトイン方式、オプトアウト方式のいずれかを選択する。
 ウ  原則としてオプトアウト方式を利用する。
 エ  原則としてオプトイン方式を利用する。


答え エ


解説
オプトイン(opt-in)方式のメール広告は、ユーザにあらかじめ受け取りを許可する広告のジャンルを登録してもらい、そのジャンルの広告のみを送るサービスで、オプトアウト(opt-out)方式のメール広告は、ユーザの承諾なしに送ってくるサービスで、“特定電子メールの送信適正化等に関する法律”では原則として原則としてオプトイン方式を利用する(エ)となっています。


キーワード
・特定電子メール

キーワードの解説
  • 特定電子メール
    営利を目的として、広告や宣伝の手段として多数の相手に対して同時に送信する電子メールのことです。
    特定電子メール法(正式名称:特定電子メールの送信の適正化等に関する法律、俗称:迷惑メール防止法)により規制されています。

もっと、「特定電子メール」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ