2021年 春期 ITパスポート 問5

クラウドコンピューティングの説明として、最も適切なものはどれか。

 ア  システム全体を管理する大型汎用機などのコンピュータに、データを一極集中させて処理すること
 イ  情報システム部門以外の人が自らコンピュータを操作し、自分や自部門の業務を役立てること
 ウ  ソフトウェアやハードウェアなどの各種リソースを、インターネットなどのネットワークを経由して、オンデマンドでスケーラブルに利用すること
 エ  ネットワークを介して、複数台のコンピュータに処理を分散させ、処理結果を共有すること


答え ウ


解説

 ア  システム全体を管理する大型汎用機などのコンピュータに、データを一極集中させて処理するのは、アップサイジング(upsizing)です。(×)
 イ  情報システム部門以外の人が自らコンピュータを操作し、自分や自部門の業務を役立てるのは、エンドユーザーコンピューティング(End-User Computing)です。(×)
 ウ  ソフトウェアやハードウェアなどの各種リソースを、インターネットなどのネットワークを経由して、オンデマンドでスケーラブルに利用するのは、クラウドコンピューティングです。(〇)
 エ  ネットワークを介して、複数台のコンピュータに処理を分散させ、処理結果を共有するのは、分散コンピューティングです。(×)


キーワード
・クラウドコンピューティング

キーワードの解説
  • クラウドコンピューティング(cloud computiing)
    従来は利用者ごとに管理・利用していたようなソフトウェアやデータなどを、インターネットなどのネットワークを通じてサービスの形で必要に応じて利用する方式です。
    ネットワークに接続したサーバに処理をさせるという考えは新しいものではなくASP(Application Service Provider)やSaas(Software as a Service)と同じ考えであるが、これらをより発展したものをクラウドコンピューティングと呼んでいます。

もっと、「クラウドコンピューティング」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ