2021年 春期 ITパスポート 問7

著作権法によって保護の対象と成り得るものだけを、全て挙げたものはどれか。

 a  インターネットに公開されたフリーソフトウェア
 b  データベースの操作マニュアル
 c  プログラミング言語
 d  プログラムのアルゴリズム

 ア  a、b  イ  a、d  ウ  b、c  エ  c、d


答え ア


解説

 a  インターネットに公開されたフリーソフトウェアは、著作権法の保護の対象と成り得ます。
 b  データベースの操作マニュアルは、著作権法の保護の対象と成り得ます。
 c  プログラミング言語(の仕様)は、著作権法の保護の対象には成りません。
 d  プログラムのアルゴリズムは、著作権法の保護の対象には成りません。
法律や条例の条文、プログラム言語や通信仕様(プロトコル)、アルゴリズムなどの考え方は著作権として保護されません。


キーワード
・著作権

キーワードの解説
  • 著作権
    知的財産権の一つで、著作物を排他的・独占的に利用して利益を受ける権利のことです。
    著作権は、著作物を作成した人が持つ権利で、著作者が作品の所有権を他人に譲渡した場合でも、その行為によって著作権が消滅したり、移転したりすることはありません。

もっと、「著作権」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ