2021年 春期 ITパスポート 問13

FinTechの事例として、最も適切なものはどれか。

 ア  銀行において、災害や大規模障害が発生した場合に勘定系システムが停止することがないように、障害発生時には即時にバックアップシステムに切り替える。
 イ  クレジットカード会社において、消費者がクレジットカードの暗証番号を規定回数連続で間違えて入力した場合に、クレジットカードを利用できなくなるようにする。
 ウ  証券会社において、顧客がPCの画面上で株式売買を行うときに、顧客に合った投資信託を提案したり自動で資産運用を行ったりする、ロボアドバイザのサービスを提供する。
 エ  損害保険会社において、事故の内容や回数に基づいた等級を設定しておき、インターネット自動車保険の契約者ごとに、1年間の事故履歴に応じて等級を上下させるとともに、保険料を変更する。


答え ウ


解説
FinTechは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語で、ITを活用した金融サービスのことで、スマートフォンを使った金融決済や暗号資産(仮想通貨)、クラウドファンディングなどのサービス、AIを使った投資アドバイスを行うロボアドバイザなどがあります。


キーワード
・ロボアドバイザ

キーワードの解説
  • ロボアドバイザ
    証券会社が人工知能(AI)を使って投資家に対して投資に関するアドバイス、ポートフォリオの提案をしたり、投資家の代わりに実際に投資をしてくれるサービスです。
    投資アドバイスを提供するものを「アドバイス型」、投資そのものをしてくれるものを「投資一任型・投資一括型」と呼びます。

もっと、「ロボアドバイザ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ