2021年 春期 ITパスポート 問21

ABC分析の事例として、適切なものはどれか。

 ア  顧客の消費行動を、時代、年齢、世代の三つの観点から分析する。
 イ  自社の商品を、売上高の高い順に三つのグループに分類して分析する。
 ウ  マーケティング環境を、顧客、競合、自社の三つの観点から分析する。
 エ  リピート顧客を、最新購買日、購買頻度、購買金額の三つの観点から分析する。


答え イ


解説

 ア  顧客の消費行動を、時代、年齢、世代の三つの観点から分析するので、コーホート分析です。(×)
 イ  自社の商品を、売上高の高い順に三つのグループに分類して分析するのは、ABC分析です。(〇)
 ウ  マーケティング環境を、顧客、競合、自社の三つの観点から分析するのは、3C分析です。(×)
 エ  リピート顧客を、最新購買日、購買頻度、購買金額の三つの観点から分析するので、RFM分析です。(×)


キーワード
・ABC分析

キーワードの解説
  • ABC分析
    「重点分析」とも呼ばれ、たくさんあるものを整理し大事な項目(売上高、費用対効果)の大きい順にならべ、プライオリティ(優先度)をつけることです。
    優先度の高いものをグループA(A群)、次がグループB(B群)、下がグループC(C群)になります。
    小売店ではABC分析を行い、売れ筋商品を見つけて商品の陳列を変えて目立つようにしたり、売れない商品の取り扱いをやめたりします。

もっと、「ABC分析」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ