2021年 春期 ITパスポート 問35

ある製造業では、後工程から前工程への生産指示や、前工程から後工程への部品を引き渡す際の納品書として、部品の品番などを記録した電子式タグを用いる生産方式を採用している。 サプライチェーンや内製におけるジャストイン生産方式の一つであるこのような生産方式として、最も適切なものはどれか。

 ア  かんばん方式  イ  クラフト生産方式
 ウ  セル生産方式  エ  見込み生産方式


答え ア


解説

 ア  かんばん方式は、「かんばん」と呼ばれる指示書をつけて部品後工程に受け渡す生産方式です。
 イ  クラフト生産方式は、セル生産方式のことです。
 ウ  セル生産方式は、1人または少数の作業者チームで製品の組み立て工程を完成まで行う生産方式です。
 エ  見込み生産方式は、受注(注文)の状況にかかわらずあらかじめ一定量の製品を作っておく生産方式です。


キーワード
・サプライチェーン

キーワードの解説
  • サプライチェーン(Supply Chain、供給連鎖)
    製品の原材料・部品の調達から、製造、在庫管理、配送、販売、消費までの全体の一連の流れのことです。

もっと、「サプライチェーン」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ