2021年 春期 ITパスポート 問40

同一難易度の複数のプログラムから成るソフトウェアのテスト工程での品質管理において、各プロジェクトの単位ステップ数当たりのバグ数をグラフ化し、上限・加減の限界線を越えるものを異常なプログラムとして抽出したい。 作成する図として、最も適切なものはどれか。

 ア  管理図  イ  特性要因図
 ウ  パレート図  エ  レーダチャート


答え ア


解説

 ア  管理図は、時系列に発生するデータを折れ線グラフでプロットして異常データの発生を検出するのに使用します。(〇)
 イ  特性要因図は、原因と結果の関連を魚の骨のような形態に整理して体系的にまとめ、結果に対してどのような原因が関連しているかを探すために使います。(×)
 ウ  パレート図は、データを幾つかの項目に分類し、出現頻度の大きさの順に棒グラフをして並べ累積和を折れ線グラフで描き重要項目を探すために使います。(×)
 エ  レーダチャート(バランスグラフ)は、各項目の割合をプロットして線で結んだ形でバランスを見るのに適したグラフです。(×)


キーワード
・管理図

キーワードの解説
  • 管理図
    品質や製造工程の管理に利用するグラフ表現のひとつで、製品の大きさや質量などのデータを毎回記録することで標準から外れた異常な製品を見出すグラフのことです。
    QC7つ道具のひとつです。

もっと、「管理図」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ