2021年 春期 ITパスポート 問41

クラス継承という懸念を利用して、ソフトウェアを部品化したり再利用することで、ソフトウェア開発の生産性向上を図る手法として、適切なものはどれか。

 ア  オブジェクト指向  イ  構造化
 ウ  プロセス中心アプローチ  エ  プロトタイピング


答え ア


解説

 ア  オブジェクト指向は、クラス継承という懸念を利用して、ソフトウェアを部品化したり再利用することで、ソフトウェア開発の生産性向上を図る手法です。(〇)
 イ  構造化は、プログラムで処理する手続きを分割し、メインとなる処理では大まかな処理を記述し、分割したサブルーチンによって細部を記述していく方法です。(×)
 ウ  プロセス中心アプローチは、処理(プロセス)に注目してプログラムを管理する手法で、大きな処理を細かい処理に分割し、システムを構築していきます。(×)
 エ  プロトタイピングは、実際に運用するシステムを作る前に評価モデルを作り、評価、改良を繰り返すので、システムの仕様や性能の早期確定に有効です。(×)


キーワード
・オブジェクト指向

キーワードの解説
  • オブジェクト指向(object-oriented)
    ソフトウェアの設計や開発において、操作手順よりも操作対象(オブジェクト)に重点を置く考え方です。
    • クラス
      データとその操作手順であるメソッドをまとめたオブジェクトの雛型を定義したものです。
    • インスタンス
      クラスを基にした実際の値としてのデータのことです。
      クラスをデータ型とすれば、インスタンスは実体になります。

もっと、「オブジェクト指向」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ