2021年 春期 ITパスポート 問51

アジャイル開発を実施している事例として、最も適切なものはどれか。

 ア  AIシステムの予測精度を検証するために、開発に着手する前にトライアルを行い、有効なアルゴリズムを選択する。
 イ  IoTの様々な技術を幅広く採用したいので、技術を保有するベンダに開発を委託する。
 ウ  IoTを採用した大規模システムの開発を、上流から下流までの各工程における完了の承認を行いながら順番に勧める。
 エ  分析システムの開発において、分析の制度の向上を図るために、固定された短期間のサイクルを繰り返しながら分析プログラムの機能を順次追加する。


答え エ


解説

 ア  AIシステムの予測精度を検証するために、開発に着手する前にトライアルを行い、有効なアルゴリズムを選択するのは、プロトタイプです。(×)
 イ  IoTの様々な技術を幅広く採用したいので、技術を保有するベンダに開発を委託するのは、外部委託です。(×)
 ウ  IoTを採用した大規模システムの開発を、上流から下流までの各工程における完了の承認を行いながら順番に勧めるのは、ウオーターフォール開発です。(×)
 エ  分析システムの開発において、分析の制度の向上を図るために、固定された短期間のサイクルを繰り返しながら分析プログラムの機能を順次追加するのは、アジャイル開発です。(〇)


キーワード
・アジャイルソフトウェア開発

キーワードの解説
  • アジャイルソフトウェア開発
    ソフトウェア要求仕様の変更などの変化に対して機敏な対応ができ、顧客に価値あるソフトウェアを迅速に提供することを目的とするソフトウェア開発方法論の総称です。
    それまでの重厚長大なシステムを開発するためのプロセスから、小さなシステムを組み合わせて目的とするシステムを構築するためのプロジェクトに適した軽量級の開発プロセスとして、開発手法や開発プロセスが考え出されました。

もっと、「アジャイルソフトウェア開発」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ