2021年 春期 ITパスポート 問52

自社に情報システムに関して、BCP(事業継続計画)に基づいて、マネジメントの視点から行う活動a〜dのうち、適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

 a  重要データのバックアップを定期的に取得する。
 b  非常時用の発電機と燃料を確保する。
 c  複数の通信網を確保する。
 d  復旧手順の訓練を実施する。

 ア  a、b、c  イ  a、b、c、d  ウ  a、d  エ  b、c、d


答え イ


解説

 a  重要データのバックアップを定期的に取得するのは、BCPの活動として適切です。(〇)
サーバが故障したときに別のサーバで復旧させるときの使用します。
 b  非常時用の発電機と燃料を確保するのは、BCPの活動として適切です。(〇)
停電が発生したときにサービスを継続するために使用します。
 c  複数の通信網を確保するのは、BCPの活動として適切です。(〇)
使用している通信回線で障害が発生したときに切り替えてサービスを継続します。
 d  復旧手順の訓練を実施するのは、BCPの活動として適切です。(〇)
サービスが停止したときの復旧をスムーズ/迅速に行うことができます。


キーワード
・BCP

キーワードの解説
  • BCP(Business Continuity Plan、事業継続計画)
    災害や事故、システム障害などの発生により、限られた経営資源で最低限の事業活動を継続し、目標復旧時間以内に再開するために、事前に策定する計画です。
    BCPを作成するときには自社の抱えているリスクを洗出し、各リスクの優先順位付けを行い、行動計画を決めていきます。

もっと、「BCP」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ