2021年 春期 ITパスポート 問54

WBSを作成するときに、作業の記述や完了基準などを記述した補助文書を作成する。 この文書の目的として、適切なものはどれか。

 ア  WBSで定義した作業で使用するデータの意味を明確に定義する。
 イ  WBSで定義した作業の進捗を管理する。
 ウ  WBSで定義した作業のスケジュールのクリティカルパスを求める。
 エ  WBSで定義した作業の内容と意味を明確に定義する。


答え エ


解説
WBSを作成時に一緒に作成する補助文書には、作業の内容を記述したり、作業の完了基準などを記述するので、この補助文書の目的はWBSで定義した作業の内容と意味を明確に定義する(エ)になります。
WBSはプロジェクトの作業を分割することなので、これを使ってスケジュールを策定したり、クリティカルパスを求めたり、費用の見積もりをするのはWBSとは別の作業になります。


キーワード
・WBS

キーワードの解説
  • WBS(Work Breakdown Structure)
    プロジェクトマネジメントで計画をたてるときに、作業を大きな項目からだんだん細かいレベルに分解していって、管理しやすい規模の作業の集合に分解し図にすることです。
    各作業を1〜2週間程度のレベルまで分解することで要員の割当てや、進捗の管理が容易になります。

もっと、「WBS」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ