2021年 春期 ITパスポート 問59

Aさんが、Pさん、Qさん及びRさんの3人に電子メールを送信した。 Toの欄にはPさんのメールアドレスを、Ccの欄にはQさんのメールアドレスを、Bccの欄にはRさんのメールアドレスをそれぞれ指定した。 電子メールを受け取った3人に関する記述として、適切なものはどれか。

 ア  PさんとQさんは、同じ内容のメールがRさんにも送信されていることを知ることができる。
 イ  Pさんは、同じ内容のメールがQさんに送信されていることを知ることはできない。
 ウ  Qさんは、同じ内容のメールがPさんにも送信されていることを知ることができる。
 エ  Rさんは、同じ内容のメールがPさんとQさんに送信されていることを知ることができない。


答え ウ


解説
Toの欄に指定されたメールアドレスはTo/Cc/Bccのメールアドレスに指定された人が知ることができます。
Ccの欄に指定されたメールアドレスはTo/Cc/Bccのメールアドレスに指定された人が知ることができます。
Bccの欄に指定されたメールアドレスは本人以外の人が知ることができません。


キーワード
・電子メールのあて先

キーワードの解説
  • 電子メールのあて先
    電子メールのあて先の指定方法には“To”、“Cc”、“Bcc”の3種類があり
    • To
      メールを送りたい相手を指定します。メールソフトによっては『あて先』となっていることもあります。
    • Cc
      カーボンコピー(Carbon Copy)の意味で、本来の送信先以外でメールの内容を知っておいてほしい人(メールアドレス)を指定します。
    • Bcc
      ブラインドカーボンコピー(Blind Carbon Copy)の意味で、メールの内容は知っておいてほしいが送った相手を知られたくない人を指定します。
    となっています。

もっと、「電子メールのあて先」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ