2021年 春期 ITパスポート 問62

金融システムの口座振替では、振替元の口座から出勤処理と振替先の口座への入金処理について、両方の処理が実行されるか、両方とも実行されないかのどちらかであることを補償することによってデータベースの整合性を保っている。 データベースに対するこのような一連の処理をトランザクションとして扱い、矛盾なく処理が完了したときに、データベースの更新内容を確定することを何というか。

 ア  コミット  イ  スキーマ
 ウ  ロールフォワード  エ  ロック


答え ア


解説

 ア  コミットは、矛盾なく処理が完了したときに、データベースの更新内容を確定することです。(〇)
 イ  スキーマ(schema)は、データの構造や性質を定義したもののことです。(×)
 ウ  ロールフォワード(roll forward)は、データベースに障害が発生したときに、障害の直前に行ったチェックポイント(データを確定させる処理)まで、データを元に戻す処理のことです。(×)
 エ  ロック(lock)は、複数の処理が同じデータ(資源)に同時にデータの書換えを行うと、データに不整合が生じるので、書き換えを行う前に他の処理からのアクセスを制限する処理です。(×)


キーワード
・コミット

キーワードの解説
  • コミット(commit)
    データベースにおいて、データベース操作処理(トランザクション)による、データベースの内容変更を恒久的なものとして確定させることです。
    ロールバック処理は、変更した内容を最後にコミットしたところまで、ジャーナルデータに基いて戻す処理になります。
    ロールフォワード処理は、最後にコミットしたところから、ジャーナルデータに基いて処理を行うことです。

もっと、「コミット」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ