2021年 春期 ITパスポート 問63

PCやスマートフォンのブラウザから無線LANのアクセスポイントを経由して、インターネット上のWebサーバにアクセスする。 このときの通信の暗号化に利用するSSL/TLSと関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア  SSL/TLSの利用の有無にかかわらず、WPA2を利用することによってブラウザとWebサーバ間の通信を暗号化できる。
 イ  WPA2の利用の有無にかかわらず、SSL/TLSを利用することによって、ブラウザとWebサーバ間の通信を暗号化できる。
 ウ  ブラウザとWebサーバ間の通信を暗号化するためには、PCの場合はSSL/TLSを利用し、スマートフォンの場合はWPA2を利用する。
 エ  ブラウザとWebサーバ間の通信を暗号化するためには、PCの場合はWPA2の利用し、スマートフォンの場合はSSL/TLSを利用する。


答え イ


解説
WPA2(Wi-Fi Protected Access 2)はPCやスマートフォンと無線LANのアクセスポイント(AP)間で行う認証プログラムで、SSL/TLS(Secure Sockets Layer、Transport Layer Security)はOSI参照モデルの第4層(トランスポート層)より上位でデータの暗号化と、認証を行う通信プログラムでブラウザとWebサーバ間の通信を暗号化できます。


キーワード
・SSL/TLS

キーワードの解説
  • SSL/TLS(Secure Sockets Layer、Transport Layer Security)
    SSLは、OSI参照モデルの第4層(トランスポート層)より上位でデータの暗号化と、認証を行いセキュリティを高める技術です。
    TLSは、SSLのバージョン3.0に更新されたときに制定された規格で、SSL/TLSと呼びます。

もっと、「TLS」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ