2021年 春期 応用情報技術者 午前 問55

プロジェクトメンバが16人のとき、1対1の総当たりでプロジェクトメンバ相互の顔合わせ会を行うためには、延べ何時間の顔合わせ会が必要か。 ここで、顔合わせ会1回の所要時間は0.5時間とする。

 ア  8  イ  16  ウ  30  エ  60


答え エ


解説
1対1の総当たりでプロジェクトメンバ相互の顔合わせ会を行った時の組合せの数は
 16C2 = 120通り
で、顔合わせ会1回の所要時間は0.5時間なので
 120通り×0.5時間 = 60時間
(エ)になります。


キーワード
・順列・組合せ

キーワードの解説
  • 順列・組合せ
    要素の集り(集合)から、いくつかの要素を選び出し、選び出した順番に意味があるのが順列(permutation)。選び出した順番に意味がないのが組合せ(combination)。
    例)A〜Fの文字が書かれた6枚のカードから、任意の2枚のカードを選び、1枚目と2枚目に選んだカードの文字について順列を求める場合は「1枚目がA、2枚目がB」(AB)と「1枚目がB、2枚目がA」(BA)を別に数えるが、組合せを求める場合は「1枚目がA、2枚目がB」(AB)と「1枚目がB、2枚目がA」(BA)は1つとして数える。

もっと、「組合せ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ