2021年 春期 応用情報技術者 午前 問72

政府は、IoTをはじめとする様々なICTが最大限に活用され、サイバー空間とフィジカル空間とが融合された“超スマート社会”の実現を推進してきた。 必要なものやサービスが人々に過不足なく提供され、年齢や性別などの違いにかかわらず、誰もが快適に生活することができるとされる“超スマート社会”実現への取組は何と呼ばれているか。

 ア  e-Gov  イ  Society 5.0
 ウ  Web2.0  エ  ダイバーシティ社会


答え イ


解説

 ア  e-Gov(電子政府の総合窓口)は、総務省行政管理局が運営する総合的な行政情報ポータルサイトです。
 イ  Society 5.0は、サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させることにより、地域、年齢、性別、言語等による格差なく、多様なニーズ、潜在的なニーズにきめ細かに対応したモノやサービスを提供することで経済的発展と社会的課題の解決を両立し、人々が快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる、人間中心の社会です。
 ウ  Web2.0は、従来Web上で提供されてきたサービスやユーザ体験とは異なる、新しい発想によって捉えられた、技術、サービス、デザインパターン、ビジネスモデル、Webのあり方などの総称です。
 エ  ダイバーシティ社会は、多様な人材を積極的に活用しようという考え方です。


キーワード
・超スマート社会

キーワードの解説
  • 超スマート社会
    必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会の様々なニーズにきめ細やかに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といった様々な制約を乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会のことです。

もっと、「超スマート社会」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ