2021年 春期 ネットワークスペシャリスト 午前II 問2

DNSのMXレコードで指定するものはどれか。

 ア  エラーが発生したときの通知先のメールアドレス。
 イ  管理するドメインへの電子メールを受け付けるメールサーバ
 ウ  複数のDNSサーバ動作しているときのマスタDNSサーバ
 エ  メーリングリストを管理しているサーバ


答え イ


解説

 ア  エラーが発生したときの通知先のメールアドレスの情報はDNSにはありません。(×)
メールのヘッダに“error-to”で指定します。
 イ  管理するドメインへの電子メールを受け付けるメールサーバの情報は、DNSのMXレコードで指定します。(〇)
 ウ  マスタDNSサーバというのはありません。(×)
似たものに「優先DNSサーバ」、「プライマリDNSサーバ」がありますが『マスタDNSサーバ』ということはありません。
 エ  メーリングリストを管理しているサーバの情報はDNSにはありません。(×)


キーワード
・DNS

キーワードの解説
  • DNS(Domain Name System、ドメイン ネーム システム)
    インターネットに接続しているマシン(コンピュータ)には、個々にユニークなIPアドレスが付与されているが、無機質な数字データであるIPアドレスを人間が覚えることは難しいので、マシンのホスト名とIPアドレスの対応をネットワーク上で集中管理するのがDNSである。
    インターネット上のマシンにアクセスする場合、DNSサーバにホスト名で問い合わせてIPアドレスを得る。

もっと、「DNS」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ