2021年 春期 ネットワークスペシャリスト 午前II 問11

MPLSの説明として、適切なものはどれか。

 ア  IPプロトコルに暗号化や認証などのセキュリティ機能を付加するための規格である。
 イ  L2FとPPTPを統合して改良したデータリンク層のトンネリングプロトコルである。
 ウ  PPPデータフレームをIPパケットでカプセル化して、インターネットを通過させるためのトンネリングプロトコルである。
 エ  ラベルと呼ばれる識別子を挿入することによって、IPアドレスに依存しないルーティングを実現する、ラベルスイッチング方式を用いたパケット転送技術である。


答え エ


解説

 ア  IPプロトコルに暗号化や認証などのセキュリティ機能を付加するための規格は、IPsecです。(×)
 イ  L2F(Layer 2 Forwarding)とPPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)を統合して改良したデータリンク層のトンネリングプロトコルは、L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)です。(×)
 ウ  PPPデータフレームをIPパケットでカプセル化して、インターネットを通過させるためのトンネリングプロトコルは、PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)です。(×)
 エ  ラベルと呼ばれる識別子を挿入することによって、IPアドレスに依存しないルーティングを実現する、ラベルスイッチング方式を用いたパケット転送技術は、MPLSです。(〇)


キーワード
・MPLS

キーワードの解説
  • MPLS(Multi-Protocol Label Switching)
    通常、ルータが他のルータから受け取ったパケットを別のルータに転送する際には、ルーティング(経路選択)情報としてIPヘッダを利用しますが、MPLSではIPヘッダの代わりに「ラベル」と呼ばれる短い固定長の識別子を挿入してルーティングに利用します。

もっと、「MPLS」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ