2021年 春期 システムアーキテクト 午前II 問2

勤怠管理システムのプロトタイプの作成のうち、垂直型プロトタイプに該当するものはどれか。

 ア  PC用の画面やスマートデバイス用の画面などの、システムの全ての画面を手書きで紙に描画する。
 イ  システムに1機能である有給休暇取得申請機能について、実際に操作して申請できる画面と処理を開発する。
 ウ  システムの全ての帳票のサンプルを、実際の従業員の勤怠データを用いて手作業で作成する。
 エ  従業員の出退勤に使用する、従業員カードの情報を読み取る直立した外付け機器の模型を、厚紙などの工作材料で作成する。


答え イ


解説
プロトタイプには、画面の色やレイアウトなど詳細をつめていく“垂直型プロトタイプ”と、画面仕様や項目を決める“水平型プロトタイプ”があります。

 ア  PC用の画面やスマートデバイス用の画面などの、システムの全ての画面を手書きで紙に描画するのは、水平型プロトタイプです。(×)
 イ  システムに1機能である有給休暇取得申請機能について、実際に操作して申請できる画面と処理を開発するのは、垂直型プロトタイプです。(〇)
 ウ  システムの全ての帳票のサンプルを、実際の従業員の勤怠データを用いて手作業で作成するのは、水平型プロトタイプです。(×)
 エ  従業員の出退勤に使用する、従業員カードの情報を読み取る直立した外付け機器の模型を、厚紙などの工作材料で作成するのは、水平型プロトタイプです。(×)


キーワード
・プロトタイプ

キーワードの解説
  • プロトタイプ(prototype)
    新製品を開発するときに、量産を行う前に製品の設計上の問題を発見するために作成する試験用の装置のことです。
    ソフトウェアではユーザインタフェースの仕様を確定するために、ユーザインタフェース部分のみが動作するプロトタイプを作成することもあります。

もっと、「プロトタイプ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ