2021年 春期 ITストラテジスト 午前II 問1

経済産業省が策定した“「DX推進指標」とそのガイダンス”におけるDX推進指標の説明はどれか。

 ア  ITベンダが、情報システムを開発する際のプロジェクト管理能力、エンジニアリング能力を高めていくために、現状のプロセス状況を5段階に分けて評価し、不十分な部分を改善することを目指すもの
 イ  経営者や社内関係者が、データとデジタル技術を活用して顧客視点で新たな価値を創出していくために、現状とあるべき姿に向けた課題・対応策に関する認識を共有し、必要なアクションをとるための気付きの機会を提供することを目指すもの
 ウ  社内IT部門が、不正侵入やハッキングなどのサイバー攻撃から自社のデータを守るための指針を提供することを目指すもの
 エ  内部監査人が、企業などの内部統制の仕組みのうち、ITを用いた業務処理に関して、情報システムの開発・運用・保守に係るリスクを評価した上で、内部統制システムを整備することを目指すもの


答え イ


解説

 ア  ITベンダが、情報システムを開発する際のプロジェクト管理能力、エンジニアリング能力を高めていくために、現状のプロセス状況を5段階に分けて評価し、不十分な部分を改善することを目指すものは、能力成熟度モデル統合(Capability Maturity Model Integration、CMMI)です。(×)
 イ  経営者や社内関係者が、データとデジタル技術を活用して顧客視点で新たな価値を創出していくために、現状とあるべき姿に向けた課題・対応策に関する認識を共有し、必要なアクションをとるための気付きの機会を提供することを目指すものは、DX推進指標です。(〇)
 ウ  社内IT部門が、不正侵入やハッキングなどのサイバー攻撃から自社のデータを守るための指針を提供することを目指すものは、情報セキュリティポリシです。(×)
 エ  内部監査人が、企業などの内部統制の仕組みのうち、ITを用いた業務処理に関して、情報システムの開発・運用・保守に係るリスクを評価した上で、内部統制システムを整備することを目指すものは、システム管理基準です。(×)


キーワード
・DX

キーワードの解説
  • DX(Digital Transformation)
    企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立することです。

もっと、「DX」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ