平成28年 春期 応用情報技術者 午前 問50

エクストリームプログラミング(XP:eXtreme Programming)における“テスト駆動開発”の説明はどれか。

 ア  最初のテストでバグを抽出すること
 イ  テストケースを順次改善すること
 ウ  テストでのカバレージを優先すること
 エ  プログラムを書く前にテストケースを作成すること


答え エ


解説
テスト駆動開発(Test-Driven Development、TDD)は、動作するソフトウェアを迅速に開発するために、テストケースを先に設定してから、プログラムをコーディングする開発手法です。
テストケースを先に作成することで、コーディング時にテストケースを意識して作業を行うため、品質の良いコーディングが行え、テストで見つかる不具合が少なくなり、結果的に工数の削減が期待できます。


キーワード
・XP

キーワードの解説
  • XP(Extreme Programing、エクストリーム・プログラミング)
    既存の開発手法で重視してきた段階的に仕様を確定しプログラムを開発する手法から、仕様変更が発生するのを前提に短期間でプログラムのリリースを行い利用者とコミュニケーションを行い、コミュニケーションで指摘された内容の修正を行うという手順を繰り返し行い開発を進めていく方法です。
    XPで重要視するのは“コミュニケーション”、“単純さ”、“フィードバック”、“勇気”であり、幾つかのプラクティス(習慣、実践)が定められています。

もっと、「エクストリームプログラミング」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ