平成29年 秋期 応用情報技術者 午前 問22

組込みシステムにおける、ウォッチドッグタイマの機能はどれか。

 ア  あらかじめ設定された一定時間内にタイマがクリアされなかった場合、システム異常とみなしてシステムをリセット又は終了する。
 イ  システム異常を検出した場合、タイマで設定された時間だけ待ってシステムに通知する。
 ウ  システム異常を検出した場合、マスカブル割込みでシステムに通知する。
 エ  システムが一定時間異常であった場合、上位の管理プログラムに通知する。


答え ア


解説

 ア  ウォッチドッグタイマの説明です。
 イ  異常を検出した場合、直ちに通知する必要があります。
 ウ  ウォッチドッグタイマで使用する割込みは、マスカブル(マスク可能)ではなく、ノンマスカブル(マスク不可能)な割込みです。
 エ  異常を検出した場合、直ちに通知する必要があります。


キーワード
・ウォッチドッグタイマ

キーワードの解説
  • ウォッチドッグタイマ(watchdog timer)
    コンピュータでシステムの監視に使用される時間計測器(タイマ)で、正常な状態であればシステムが定期的にウォッチドッグタイマをクリアするように設計し、システムのメイン部分が異常な状態になってウォッチドッグタイマのクリアが行われないと異常と判断し、異常時用の処理に通知を行う。または、ウォッチドッグタイマがシステムをリセットする。
    モータやヒータのように長時間通電させたままだと発煙・発火などの恐れのある制御系のシステムでは必須の機能です。(実際には、ウォッチドッグタイマ以外にヒューズを設けハードウェア的な保護も行う必要がある。)

もっと、「ウォッチドッグタイマ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ