平成29年 秋期 応用情報技術者 午前 問57

空調計画における冷房負荷には、“外気負荷”、“室内負荷”、“伝熱負荷”、“日射負荷”などがある。
冷房負荷の軽減策のうち、“伝熱負荷”の軽減策として、最も適切なものはどれか。

 ア  使用を終えたらその都度PCの電源を切る。
 イ  隙間風や換気による影響を少なくする。
 ウ  日光が当たる南に面したガラス窓をむやみに大きなものにしない。
 エ  屋根や壁面の断熱をおろそかにしない。


答え エ


解説

 ア  使用を終えたらその都度PCの電源を切るのは、室内負荷です。
 イ  隙間風や換気による影響を少なくするのは、外気負荷です。
 ウ  日光が当たる南に面したガラス窓をむやみに大きなものにしないのは、日射負荷です。
 エ  屋根や壁面の断熱をおろそかにしないのは、伝熱負荷です。


キーワード
・冷暖房負荷

キーワードの解説
  • 冷暖房負荷
    室内をある一定の温湿度に保っている時、その部屋をその温湿度に保つために空気から取り除くべき熱量、または空気に供給すべき熱量のことです。

もっと、「冷暖房負荷」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ