平成29年 秋期 応用情報技術者 午前 問71

ドローン、マルチコプタなどの無人航空機に搭載されるセンサのうち、機体を常に正平に保つ姿勢制御のために使われるセンサはどれか。

 ア  気圧センサ  イ  ジャイロセンサ
 ウ  地磁気センサ  エ  超音波センサ


答え イ


解説

 ア  気圧センサは、大気圧を検知するセンサで気象観測などで使用されます。
 イ  ジャイロセンサは、角度や角速度を測ることができ、ドローン、マルチコプタなどの無人航空機に搭載され、機体を常に正平に保つ姿勢制御のために使われます。
 ウ  地磁気センサは、磁場を測定することのできるセンサで、方向を検知するために使用されます。
 エ  超音波センサは、超音波によって対象物の有無や距離を測定するのに使用されます。


キーワード
・ジャイロセンサ

キーワードの解説
  • ジャイロセンサ(ジャイロスコープ、gyroscope)
    計測機器の一種で、角度や角速度を測ることができます。
    角速度は、物体や質点の回転の速さを表す物理量で、角度と時間の商で定義されます。

もっと、「ジャイロセンサ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ