平成29年 秋期 応用情報技術者 午前 問72

IoTの技術として注目されている、エッジコンピューティングの説明として、適切なものはどれか。

 ア  演算処理のリソースを端末の近傍に置くことによって、アプリケーション処理の低遅延化や通信トラフィックの最適化を行う。
 イ  データの特徴を学習して、事象の認識や分類を行う。
 ウ  ネットワークを介して複数のコンピュータを結ぶことによって、全体として処理能力が高いコンピュータシステムを作る。
 エ  周りの環境から微小なエネルギーを収穫して、電力に変換する。


答え ア


解説

 ア  演算処理のリソースを端末の近傍に置くことによって、アプリケーション処理の低遅延化や通信トラフィックの最適化を行うのは、エッジコンピューティングです。
 イ  データの特徴を学習して、事象の認識や分類を行うのは、AIです。
 ウ  ネットワークを介して複数のコンピュータを結ぶことによって、全体として処理能力が高いコンピュータシステムを作るのは、グリッドコンピューティングです。
 エ  周りの環境から微小なエネルギーを収穫して、電力に変換するのは、エネルギーハーべスティングです。


キーワード
・エッジコンピューティング

キーワードの解説
  • エッジコンピューティング
    利用者の近くにサーバを分散させて配置し、物理的な距離を短縮することで通信遅延を短縮する技術です。
    ここで、使用されるサーバをエッジサーバと呼びますが、利用者の近傍に配置されるということ以外の特徴はありません。

もっと、「エッジコンピューティング」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ