平成29年 春期 プロジェクトマネージャ 午前II 問10

四つのアクティビティA〜Dによって実行する開発プロジェクトがある。
図は、各アクティビティの依存関係をPDM(プレシデンスダイアグラム)によって表している。
各アクティビティに実行に当たっては、専門チームの支援が必要である。
条件に従ってアクティビティを実行するとき、開発プロジェクトの最小の所要日数は何日か。

[アクティビティの依存関係]
 

[条件]

  • 各アクティビティの所要日数及び実行に当たって専門のチームの支援期間は、次のとおりである。
    アクティビティ名 所要日数(日) 専門チームの支援期間
    A 10 実行する期間の最初の4日間
    B 5 実行する期間の最初の2日間
    C 10 実行する期間の最初の4日間
    D 4 実行する期間の全て
  • 専門チームは、同時に複数のアクティビティの支援をすることはない。
  • 専門チームは、各アクティビティを連続した日程で支援する。
  • 専門チーム以外の資源に各アクティビティ間の競合はない。

 ア  15  イ  16  ウ  17  エ  18


答え イ


解説
アクティビティAとアクティビティBはFS(finish-to-start)なので、アクティビティAの作業が終わるとアクティビティBの作業が始まります。
また、各アクティビティは専門ちーうの支援が必要なのでこれらの関係を考慮してガントチャートにまとめると、
 
になります。(専門チームによる支援期間は黄色)
したがって、所要日数は16日(イ)になります。


キーワード
・プレシデンスダイアグラム

キーワードの解説
  • プレシデンスダイアグラム(precedence diagramming、PDM)
    プロジェクトなどの作業工程を表すネットワーク図の1つで、依存関係にある2つの工程間の順序を論理的に4つの関係で定義することで表記する方法です。
    4つの関係は以下のようになってます。
    • FS(finish-to-start)
      先行作業が終わると後続作業が始まる。
    • SS(start-to-start)
      先行作業が始まると後続作業も始まる。
    • SF(start-to-finish)
      先行作業が始まると後続作業が終わる。
    • FF(finish-tofinish)
      先行作業が終わると後続作業も終わる。

もっと、「プレシデンスダイアグラム」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ