平成30年 秋期 ITパスポート 問21

X社では、現在開発中である新製品Yの発売が遅れる可能性と、遅れた場合における今後の業績に与える影響の大きさについて、分析と評価を行った。
この取組みに該当するものとして、適切なものはどれか。

 ア  ABC分析  イ  SWOT分析
 ウ  環境アセスメント  エ  リスクアセスメント


答え エ


解説

 ア  ABC分析は、重点的に管理する項目を特定するための手法です。
 イ  SWOT分析は、外部要因、内部要因の強みと弱みから事業の状態を分析する手法です。
 ウ  環境アセスメントは、事業を行うことで環境にどういった影響があるかを調査することです。
 エ  リスクアセスメントは、内包するリスクの大きさを評価し、そのリスクが許容できるかどうかを決める作業です。


キーワード
・リスクアセスメント

キーワードの解説
  • リスクアセスメント(risk assessment)
    組織や情報システムなどが内包している、リスクを洗い出し、そのリスクの大きさ(影響度)を評価し、そのリスクが許容できるかを判断するプロセスです。
    許容できない場合には、リスク防止やリスク回避といった対策を行い。許容できる場合にはリスクが顕在化したときの対処手順を作成します。

もっと、「リスクアセスメント」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ