平成30年 秋期 ITパスポート 問39

自社開発して長年使用しているソフトウェアがあるが、ドキュメントが不十分で保守性が良くない。
保守のためのドキュメントを作成するために、既存のソフトウェアのプログラムを解析した。
この手法を何というか。

 ア  ウォータフォールモデル  イ  スパイラルモデル
 ウ  プロトタイピング  エ  リバースエンジニアリング


答え エ


解説

 ア  ウォータフォールモデルルは、開発を上流から下流に一方向に進めるモデルであり、開発効率を高めるには、各工程内でのレビューやテストによって品質を確保し、前工程への逆戻りが起こらないようにする開発手法です。
 イ  スパイラルモデルは、要求分析から実装までの開発プロセスを繰り返しながら、システムを構築していく開発手法です。
 ウ  プロトタイピングは、短期間で暫定的に動作する試作的なソフトウェア(プロトタイプ)を作成し、利用者が評価することにより仕様を確定していく開発手法です
 エ  リバースエンジニアリングは、既存のソフトウェアを分析して、ドキュメントを作成したりします。


キーワード
・リバースエンジニアリング

キーワードの解説
  • リバースエンジニアリング(reverse engineering)
    ソフトウェアやハードウェアを分解したり解析したりして、その仕組み、仕様、要素技術などを明らかにすることです。
    企業がライバル会社の製品に対して行うことが多いが、自社の製品で仕様書と製品の動作が異なっているときに、製品の動作から仕様書を修正する場合もある。
    他社製品に対しリバースエンジニアリングするときには、特許などの知的財産権に注意を払う必要がある。

もっと、「リバースエンジニアリング」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ