平成30年 秋期 ITパスポート 問53

情報システム部がシステム開発を行い、品質保証部が成果物の品質を評価する企業がある。
システム開発の進捗は管理部が把握し、コストの実績は情報部から経理部へ報告する。
現在、親会社向けの業務システムの開発を行っているが、親会社からの指示でシステム開発業務に対するシステム監査を実施することになり、社内からシステム監査をすることになった。
システム監査人として、最も適切な者は誰か。

 ア  監査経験がある開発プロジェクトチームの担当者
 イ  監査経験がある経理部の担当者
 ウ  業務システムの品質を評価する品質保証部の担当者
 エ  システム開発業務を熟知している情報部の責任者


答え イ


解説
社内でシステム監査(内部システム監査)を行う場合に、システム監査人にふさわしいのは監査対象の情報システムの利害関係者以外から選ぶことが必要なので、開発を担当するシステム開発部や開発プロジェクトのメンバ、品質を評価する品質保証部のメンバ、進捗管理を行う管理部のメンバはふさわしくなく、コストの実績の報告を受けるだけの監査経験がある経理部の担当者(イ)が適切な選定になります。


キーワード
・システム監査人の独立性

キーワードの解説
  • システム監査人の独立性
    “システム監査基準”にはシステム監査人の独立性について以下のように書かれています。
    • 外観上の独立性
      システム監査人は、システム監査を客観的に実施するために、監査対象から独立していなければならない。
      監査の目的によっては、被監査主体と身分上、密接な利害関係を有することがあってはならない。
    • 精神上の独立性
      システム監査人は、システム監査の実施に当たり、偏向を排し、常に公正かつ客観的に監査判断を行わなければならない。

もっと、「システム監査人の独立性」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ