平成30年 秋期 ITパスポート 問82

情報セキュリティにおける機密性、完全性及び可用性のうち、特に完全性の向上を目的とした取組として、最も適切なものはどれか。

 ア  サーバをデュプレックスシステムで構成して運用する。
 イ  システムの稼働率の向上策を検討する。
 ウ  システムの利用開始時にユーザ認証を求める。
 エ  情報の改ざんを防止する対策を施す。


答え エ


解説

 ア  サーバをデュプレックスシステムで構成して運用するのは、可用性対策です。
 イ  システムの稼働率の向上策を検討するのは、可用性対策です。
 ウ  システムの利用開始時にユーザ認証を求めるのは、機密性対策です。
 エ  情報の改ざんを防止する対策を施すのは、完全性対策です。


キーワード
・機密性
・完全性
・可用性

キーワードの解説
  • 機密性(Confidentiality)
    セキュリティの要件の一つで、機密性とは対象となるデータへ許可された人のみがアクセスできることや、不正なアクセスを検出することです。
  • 完全性(Integrity)
    セキュリティの要件の一つで、完全性とは情報及び処理方法が、正確であること及び完全であることを保護することです。
  • 可用性(Availability)
    セキュリティの要件の一つで、可用性とはシステムが継続して使用できる能力のことです。

もっと、「完全性」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ