平成30年 秋期 ITパスポート 問93

公開鍵暗号方式を利用した処理と、その処理に使用する公開鍵の組合せa〜cのうち、適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

処理 使用する公開鍵
a 作成した電子メールにディジタル署名の付与 電子メールの作成者の公開鍵
b 受信した電子メールに付与されているディジタル署名の検証 電子メールの作成者の公開鍵
c 使用しているブラウザからWebサーバへの暗号化通信 Webサーバの公開鍵

 ア  a、b  イ  a、c  ウ  b  エ  b、c


答え エ


解説
aの作成した電子メールにディジタル署名の付与で使用するのは、電子メールの作成者の秘密鍵です。(×)
bの受信した電子メールに付与されているディジタル署名の検証に使用するのは、電子メールの作成者の公開鍵です。(〇)
cの使用しているブラウザからWebサーバへの暗号化通信(SSL/TLS)で使用するのは、Webサーバの公開鍵です。(〇)


キーワード
・公開鍵暗号方式

キーワードの解説
  • 公開鍵暗号方式
    暗号化と復号で異なる鍵を使用する方法で、暗号化鍵を知られてもその鍵では復号できないため、鍵を第3者経由で配布することが可能である。
    相手に渡す鍵を公開鍵、自分で持っている鍵を秘密鍵といい、公開鍵で暗号化したデータは秘密鍵でのみ復号でき、秘密鍵で暗号化したデータは公開鍵でのみ復号できる。
    公開鍵暗号方式には、RSAや楕円曲線暗号などがある。

もっと、「公開鍵暗号方式」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ