平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問13

Webシステムにおいて、Webサーバとアプリケーション(AP)サーバを異なる物理サーバに配置する場合のメリットとして、適切なものはどれか。

 ア  Webサーバクライアントの実行環境が実装されているので、リクエストのたびにクライアントとAPサーバの間で画面をやり取りする必要がなく、データ通信量が少なくて済む。
 イ  Webブラウザの文字コード体系とAPサーバの文字コード体系の違いをWebサーバが吸収するので、文字化けが発生しない。
 ウ  データへのアクセスを伴う業務ロジックの変更に伴って、APサーバのプログラムを変更する必要がない。
 エ  不可が軽い静的コンテンツへのリクエストはWebサーバで処理し、負荷が重い動的コンテンツへのリクエストはAPサーバで処理するように、クライアントからのリクエストの種類に応じて処理を分担する。


答え エ


解説
Webシステムにおいて、Webサーバとアプリケーション(AP)サーバを異なる物理サーバに配置すると、常に同じコンテンツの表示を行い負荷が軽い処理をWebサーバで行い、要求ごとに異なったコンテンツの表示を行う負荷の思い処理をAPサーバで行うことで、負荷分散を行い、ユーザ目線での性能を向上できることが期待できます。


キーワード
・ロードバランサ

キーワードの解説
  • ロードバランサ(load balancer、負荷分散装置)
    1台のサーバでは処理を行うことができないような大規模なシステムにおいて、複数のサーバを用意しサーバへの要求を各サーバに割り振り負荷を均等化するとともに、各サーバの能力(性能)以上の要求を遮断する装置のことです。
    利用者からはサーバは1台にしか見え、利用者からはサーバが複数台あることを意識する必要はありません。

もっと、「ロードバランサ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ