平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問33

TCP/IPネットワークでDNSが果たす役割はどれか。

 ア  PCやプリンタなどからのIPアドレス付与の要求に対して、サーバに登録してあるIPアドレスの中から使用されていないIPアドレスを割り当てる。
 イ  サーバにあるプログラムを、サーバのIPアドレスを意識することなく、プログラムの名前の指定するだけで呼び出せるようにする。
 ウ  社内のプライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換し、インターネットへのアクセスを可能にする。
 エ  ドメイン名やホスト名などとIPアドレスを対応付ける。


答え エ


解説

 ア  DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)の説明です。
 イ  RPC(Remote Procudure Call)の説明です。
 ウ  NAT(Network Address Translator、ネットワークアドレス変換)の説明です。
 エ  DNSの説明です。


キーワード
・TCP/IP
・DNS

キーワードの解説
  • TCP/IP(Transmission Control Protocol, Internet Protocol)
    インターネットなどで使われる、トランスポート層(TCP)とネットワーク層(IP)のプロトコル。
    TCPはアプリケーション毎にアドレス(TCPポート番号)を使い分け、IPは装置毎にアドレス(IPアドレス)を使い分ける。
  • DNS(Domain Name System)
    ネットワーク上のホスト名やドメイン名とIPアドレスを対応付けるもの。
    DNS登場以前は各コンピュータ毎のHOSTSファイルで対応付けを行っていたが、インターネットが普及するにあたり、考え出された。

もっと、「DNS」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ