平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問34

インターネットにおける電子メールの規約で、ヘッダフィールドの拡張を行い、テキストだけでなく、音声、画像なども扱えるようにしたものはどれか。

 ア  HTML  イ  MHS  ウ  MIME  エ  SMTP


答え ウ


解説

 ア  HTML(HyperText Markup Language)は、インターネットのWWW(World Wide Web)で使用されるマークアップ言語です。
WebページのようなHTML形式の電子メールも送ることができます。
 イ  MHS(Message Handling System)は、電子メールシステムの標準規格です。(あまり、使われていない。)
 ウ  MIMEは、電子メールのヘッダフィールドの拡張を行い、テキストだけでなく、音声、画像なども扱えるようにしたものです。
 エ  SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)は電子メールを送信したり、メールサーバ間での転送で使用するプロトコルです。


キーワード
・電子メール

キーワードの解説
  • 電子メール
    電子メールで使用されるプロトコルには
    • クライアントからのメールの送信、メールサーバ間のメールの転送は、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)
    • クライアントがメールサーバからメールを取り出すには、POP3(Post Office Protocol 3)やIMAP(Internet Message Access Protocol)
    が使われている。
    また、テキスト以外のデータを送るには、MIME(Multipurpose Internet Mail Extensions)という規格がある。

もっと、「電子メール」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ