平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問55

キャパシティ管理における将来のコンポーネント、並びにサービスの容量・能力及びパフォーマンスを予想する活動のうち、傾向分析はどれか。

 ア  特定の資源の利用状況を時系列に把握して、将来における利用の変化を予測する。
 イ  待ち行列理論などの数学的技法を利用して、サービスの応答時間及びスループットを予測する。
 ウ  模擬的にトランザクションを発生させて、サービスの応答時間及びスループットを予測する。
 エ  モデルの第一段階として、現在達成されているパフォーマンスを背う核に反映したモデルを作成する。


答え ア


解説

 ア  特定の資源の利用状況を時系列に把握して、将来における利用の変化を予測するのは、傾向分析です。
 イ  待ち行列理論などの数学的技法を利用して、サービスの応答時間及びスループットを予測するのは、数値解析モデルです。
 ウ  模擬的にトランザクションを発生させて、サービスの応答時間及びスループットを予測するのは、シミュレーションモデルです。
 エ  モデルの第一段階として、現在達成されているパフォーマンスを背う核に反映したモデルを作成するのは、ベースラインモデルです。


キーワード
・キャパシティ管理

キーワードの解説
  • キャパシティ管理(capacity management)
    ITシステムを運用するに当たり、利用顧客が要求するサービスレベルに対し、システムに将来必要とされるリソースを管理するプロセスです。

もっと、「キャパシティ管理」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ