平成30年 秋期 応用情報技術者 午前 問32

CSMA/CD方式のLANで使用されるスイッチングハブ(レイヤ2スイッチ)は、フレームの蓄積機能、速度変換機能や交換機能を持っている。
このようなスイッチングハブと同等の機能を持ち、同じプロトコル階層で動作する装置はどれか。

 ア  ゲートウェイ  イ  ブリッジ
 ウ  リピータ  エ  ルータ


答え イ


解説

 ア  ゲートウェイは、OSI基本参照モデルの第4層(トランスポート層、TCPやUDP)以上の情報を元に中継を行う装置です。
ゲートウェイではデータを中継するだけでなく、通信データ量の調整なども行います。
 イ  ブリッジは、レイヤ2スイッチと同じようにOSI基本参照モデルの第2層で中継を行う装置です。
ブリッジが処理をソフトウェアで行うのに対し、レイヤ2スイッチではハードウェアで処理を行います。
 ウ  リピータは、OSI基本参照モデルの第1層(物理層)で中継を行う装置で、伝送波形の歪みなどを修正する機能を持っています。
 エ  ルータは、OSI基本参照モデルの第3層で中継を行う装置で、レイヤ3スイッチと同等の機能を持っています。


キーワード
・スイッチングハブ

キーワードの解説
  • スイッチングハブ(レイヤ2スイッチ)
    LANにおいて通信されるデータのOSI基本参照モデルの第2層(データリンク層、イーサネット)の情報に基づいて、中継を行う装置です。
    多くのスイッチングハブでは中継するデータを蓄積し、中継先を確認して転送を行います。蓄積したデータにエラーがある場合には、データを破棄します。
    スイッチングハブにはOSI基本参照モデルの第3層(ネットワーク層、IP)に基づいて中継処理を行う、レイヤ3スイッチもあります。

もっと、「レイヤ2スイッチ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ