平成30年 秋期 応用情報技術者 午前 問33

イーサネットで用いられるブロードキャストフレームによるデータ伝送の説明として、適切なものはどれか。

 ア  同一セグメント内の全てのノードに対して、送信元が一度の送信でデータを伝送する。
 イ  同一セグメント内の全てのノードに対して、送信元が順番にデータを伝送する。
 ウ  同一セグメント内の選択された複数のノードに対して、送信元が一度の送信でデータを伝送する。
 エ  同一セグメント内の選択された複数のノードに対して、送信元がが順番にデータを伝送する。


答え ア


解説

 ア  同一セグメント内の全てのノードに対して、送信元が一度の送信でデータを伝送するのは、ブロードキャストを使った通信です。
 イ  同一セグメント内の全てのノードに対して、送信元が順番にデータを伝送するのは、ユニキャストを使った通信です。
 ウ  同一セグメント内の選択された複数のノードに対して、送信元が一度の送信でデータを伝送するのは、マルチキャストを使った通信です。
 エ  同一セグメント内の選択された複数のノードに対して、送信元がが順番にデータを伝送するのは、ユニキャストを使った通信です。


キーワード
・ブロードキャスト

キーワードの解説
  • ブロードキャスト(broadcast)
    同一サブネット上につながるすべての装置宛にデータ送信を行なうことです。(同時通報)
    通常、ネットワーク上に接続する装置は自分自身宛以外のデータ(宛先アドレスが自分自身ではないデータ)は受信してもそのまま破棄しますが、宛先アドレスでサブネット以外のビットがすべて1のデータはブロードキャストとして受信します。
    ブロードキャストを使用するプロトコルとしては、IPアドレスからMACアドレスを得るためのARP(Address Resolution Protocol)やIPアドレスを割り当ててもらうためのDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)などがあります。

もっと、「ブロードキャスト」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ