平成30年 秋期 応用情報技術者 午前 問37

()円曲線暗号に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア  AESに代わる共通暗号方式としてNISTが標準化している。
 イ  共通鍵暗号方式であり、ディジタル署名にも利用されている。
 ウ  公開鍵暗号方式であり、TLSにも利用されている。
 エ  素因数分解問題の困難性を利用している。


答え ウ


解説

 ア  DESに代わる共通暗号方式としてNISTが標準化しているのが、AESです。
 イ  共通鍵暗号方式の暗号化アルゴリズムはディジタル署名には利用されません。
 ウ  楕円曲線暗号は公開鍵暗号方式であり、TLSにも利用されています。
 エ  素因数分解問題の困難性を利用している暗号化アルゴリズムはRSAです。


キーワード
・公開鍵暗号方式

キーワードの解説
  • 公開鍵暗号方式
    暗号化と復号で異なる鍵を使用する方法で、暗号化鍵を知られてもその鍵では復号できないため、鍵を第3者経由で配布することが可能である。
    相手に渡す鍵を公開鍵、自分で持っている鍵を秘密鍵といい、公開鍵で暗号化したデータは秘密鍵でのみ復号でき、秘密鍵で暗号化したデータは公開鍵でのみ復号できる。
    公開鍵暗号方式には、RSAや楕円曲線暗号などがある。

もっと、「公開鍵暗号方式」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ