平成30年 秋期 応用情報技術者 午前 問63

企業の業務システムを、自社のコンピュータでの運用からクラウドサービスの利用に切り替えるときの留意点はどれか。

 ア  企業が管理する顧客情報や従業員の個人情報を取り扱うシステム機能は、リスクを検討するまでもなく、クラウドサービスの対象外とする。
 イ  企業の情報セキュリティポリシやセキュリティ関連の社内規定と、クラウドサービスで提供される管理レベルとの不一致の存在を確認する。
 ウ  クラウドサービスの利用開始に備え、自社で保有しているサーバの機能強化や記憶域の増加を実施する。
 エ  事業継続計画は自社の資産の範囲で実施することを優先し、クラウドサービスを利用する範囲から除外する。


答え イ


解説
企業の業務システムを、自社のコンピュータでの運用からクラウドサービスの利用に切り替えるときに、留意しないといけないのはサービスのレベルの差です。
特に機密情報や個人情報など高いセキュリティレベルが要求されるデータについて、管理レベルがどのように異なっているのか、データのバックアップ体制などが社内規定とあっているか、クラウドサービスを利用するときに譲れる点、譲れない点を考慮して、利用するクラウドサービスを選ぶ必要があります。


キーワード
・クラウドサービス

キーワードの解説
  • クラウドサービス
    従来は利用者が所有するコンピュータで利用していたデータやソフトウェアを、ネットワーク経由で、サービスとして利用者に提供するものです。
    サービスの提供形態によっていくつかの種類に分類できます。
    • SaaS(Software as a Service)
      ソフトウェアの機能のうち、ユーザが必要とするものだけをサービスとして配布し利用できるようにしたもの
    • IaaS(Infrastructure as a Service)
      情報システムの稼動に必要な機材や回線などのインフラを、インターネット上のサービスとして遠隔から利用できるようにしたもの
    • PaaS(Platform as a Service)
      アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアやOSなどのプラットフォームを、インターネット上のサービスとして遠隔から利用できるようにしたもの
    • HaaS(hardware as a Service)
      CPU処理能力やメモリ、ストレージといったハードウェア資源を、インターネット上のサービスとして遠隔から利用できるようにしたもの

もっと、「クラウドサービス」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ