平成30年 秋期 ネットワークスペシャリスト 午前II 問4

イーサネットパケットのMTU(Maximum Transmission Unit)は、どの部分の最大長のことか。

プリアンブル MACヘッダ IPヘッダ TCPヘッダ データ FCS

 ア  IPヘッダ+TCPヘッダ+データ
 イ  MACヘッダ+IPヘッダ+TCPヘッダ+データ
 ウ  MACヘッダ+IPヘッダ+TCPヘッダ+データ+FCS
 エ  プリアンブル+MACヘッダ+IPヘッダ+TCPヘッダ+データ


答え ア


解説
MTU(Maximum Transmission Unit)は、ネットワークに接続した端末(ノード)が1回の送信で転送可能な最大のデータグラムサイズです。
イーサネットパケットでMTUはイーネットパケットのデータ部になるので、イーサネットのヘッダ部であるプリアンブルとMACヘッダ、フッタ部であるFCS(Frame Check Sequence)を除いた部分のIPヘッダ+TCPヘッダ+データ(ア)になります。


キーワード
・プリアンブル

キーワードの解説
  • プリアンブル(preamble)
    フレーム同期の通信で、データの始まりに付加する区切り用の特殊ビット列(同期符号)で、送信側はデータを送信するときにデータの先頭に付加して送信し、受信側はプリアンブルの受信でデータが送られてくることを判断します。

もっと、「プリアンブル」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ