平成30年 秋期 ネットワークスペシャリスト 午前II 問5

インターネットにおいて、AS(Autonomous System)間の経路制御に用いられるプロトコルはどれか

 ア  BGP  イ  IS-IS  ウ  OSPF  エ  RIP


答え ア


解説

 ア  BGP(Border Gateway Protocol)は、AS間の接続(経路)情報をルータ間で交換するためのプロトコルです。
 イ  IS-IS(Intermediate System to Intermediate System)は、AS内の接続(経路)情報をルータ間で交換するためのプロトコルです。
 ウ  OSPF(Open Shortest Path First)は、AS内の接続(経路)情報をルータ間で交換するためのプロトコルです。
 エ  RIP(Routing Information Protocol)は、AS内の接続(経路)情報をルータ間で交換するためのプロトコルです。


キーワード
・AS

キーワードの解説
  • AS(Autonomous System、自律システム)
    インターネットに繋がるひとつのルーティングポリシ配下にあるIPネットワークやルータの集合のことで、BGP(Border Gateway Protocol)で接続されています。
    インターネットには複数のASがあり、それぞれにユニーク16ビットのAS番号が付与されてインターネットを構成しています。

もっと、「AS」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ