平成30年 秋期 システムアーキテクト 午前II 問3

開発のためのCMMI 1.3版のプロセス領域のうち、運用の考え方及び関連するシナリオを確立し保守するプラクティスを含むものはどれか。

 ア  技術解  イ  検証  ウ  成果物統合  エ  要件開発


答え エ


解説

 ア  技術解の目的は、要件に対する解を選定し、設計し、そして実装することである。解、設計、および実装は、単体の、または適宜組み合わせた成果物、成果物構成要素、および成果物関連のライフサイクルプロセスを網羅することです。
 イ  検証の目的は、選択された作業成果物が、指定された要件を満たすようにすることです。
 ウ  成果物統合の目的は、成果物構成要素から成果物を組み立て、統合されたものとして成果物が適切に動くようにし、そしてその成果物を納入することです。
 エ  要件開発の目的は、顧客要件、成果物要件、および成果物構成要素の要件を引き出し、分析し、そして確立することです。


キーワード
・CMMI

キーワードの解説
  • CMMI(Capability Maturity Model Integration)
    組織のソフトウェアの開発能力の高さを客観的に評価するシステムであるCMMに、専門家の意見や、過去の改善事例などを加えて作成された開発能力成熟度モデルのことです。
    従来のCMMがソフトウェア開発のみを対象にしていたのに対し、CMMIではハードウェア開発、サービス業務、コミュニケーション、リーダシップなども評価の対象になっています。

もっと、「CMMI」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ