平成30年 秋期 情報セキュリティマネジメント 午前 問16

業務への利用には、会社の情報システム部門の許可が本来は必要であるのに、その許可を得ずに勝手に利用されるデバイスやクラウドサービス、ソフトウェアを指す用語はどれか。

 ア  シャドーIT  イ  ソーシャルエンジニアリング
 ウ  ダークネット  エ  バックドア


答え ア


解説

 ア  シャドーITは、業務への利用には、会社の情報システム部門の許可が本来は必要であるのに、その許可を得ずに勝手に利用されるデバイスやクラウドサービス、ソフトウェアです。
 イ  ソーシャルエンジニアリング(social engineering)は、心理的な隙をついたり、行動のミスにつけこんで、機密情報を取得する犯罪手法です。
 ウ  ダークネット(darknet)は、インターネット上で到達可能なIPアドレスのうち、特定のホストコンピュータが割り当てられていないアドレス空間のことです。
 エ  バックドア(back door)は、不正に侵入したシステムに、次回から侵入しやすいように設置された経路(裏口)のことです。


キーワード
・シャドーIT

キーワードの解説
  • シャドーIT(shadow IT)
    私物のパソコン、スマートホン、タブレット型端末などを、会社の許可を得ずに業務に利用したり、会社(IT管理部門)の許可を得ていないソフトウエアやクラウドサービスを業務で使用することです。
    シャドーITは情報漏えいなど情報セキュリティリスクが高いのと、モラルハザードにつながるため企業として注意が必要です。

もっと、「シャドーIT」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ