平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問21

アクチュエータの説明として、適切なものはどれか。

 ア  与えられた目標量と、センサから得られた制御量を比較し、制御量を目標量に一致させるように操作量を出力する。
 イ  位置、角度、速度、加速度、力、温度などを検出し、電気的な情報に変換する。
 ウ  エネルギー発生源からのパワーを、制御信号に基づき、回転、並進などの動きに変換する。
 エ  マイクロフォン、センサなどが出力する微小な電気信号を増幅する。


答え ウ


解説

 ア  与えられた目標量と、センサから得られた制御量を比較し、制御量を目標量に一致させるように操作量を出力するのは、フィードバック制御です。
 イ  位置、角度、速度、加速度、力、温度などを検出し、電気的な情報に変換するのは、センサです。
 ウ  エネルギー発生源からのパワーを、制御信号に基づき、回転、並進などの動きに変換するのは、アクチュエータです。
 エ  マイクロフォン、センサなどが出力する微小な電気信号を増幅するのは、アンプです。


キーワード
・アクチュエータ

キーワードの解説
  • アクチュエータ(actuator)
    エネルギーを物理運動に能動的に変換するもののことです。
    ただし、一般的にエンジンやモータのような継続的な動作をするものは除かれることが多いです。
    使用するエネルギーは電気、油圧、空気圧、磁力などを使用し、光を使ったものの開発も進んでいます。

もっと、「アクチュエータ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ