2019年 秋期 ITパスポート 問3

IoTの事例として、もっとも適切なものはどれか。

 ア  オークション会場と会員のPCをインターネットで接続することによって、会員の自宅からでもオークションに参加できる。
 イ  社内サーバ上にあるグループを外部のデータセンタのサーバに移すことによって、社員はインターネット経由でいつでもどこでも利用できる。
 ウ  飲み薬の容器に埋め込むことによって、薬局がインターネット経由で服用利益を管理し、服薬指導に役立てることができる。
 エ  予備校が授業映像をWebサイトで配信することによって、受講者はスマートフォンやPCを用いて、いつでもどこでも授業を受けることができる。


答え ウ


解説
IoTはこれまでネットワークに接続していた(PC、スマートフォン、サーバ)以外の様々な物体(機器)をネットワークに接続することで制御や観測をすることなので、問題の選択肢では飲み薬の容器に埋め込むことによって、薬局がインターネット経由で服用利益を管理し、服薬指導に役立てることができる(ウ)がIoTの事例になります。


キーワード
・IoT

キーワードの解説
  • IoT(Internet of Things)
    コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な物体に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことです。
    スマートメータはIoTの一種になります。

もっと、「IoT」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ