2019年 秋期 ITパスポート 問8

人口減少や高齢化などを背景に、ICTを活用して、都市や地域の機能やサービスを効率化、高度化し、地域課題の解決や活性化を実現することが試みられている。
このような街づくりのソリューションを示す言葉として、最も適切なものはどれか。

 ア  キャパシティ  イ  スマートシティ
 ウ  ダイバーシティ  エ  ユニバーシティ


答え イ


解説

 ア  キャパシティ(capacity)は、(IT分野では)ソフトウェアやシステム、装置などが発揮できる最大の能力のことです。
 イ  スマートシティは、人口減少や高齢化などを背景に、ICTを活用して、都市や地域の機能やサービスを効率化、高度化し、地域課題の解決や活性化を実現することです。
 ウ  ダイバーシティ(diversity、多様性)は、人種や性別、年齢、障がいの有無、考え方(宗教)などの違いを受け入れ、それを活かしていくことです
 エ  ユニバーシティ(university)は、多くの学部をもつ総合大学のことです。
単科大学はカレッジ(college)になります。


キーワード
・スマートシティ

キーワードの解説
  • スマートシティ(smartcity)
    ITやAIなどの先端技術や、人の流れや消費動向、土地や施設の利用状況といったビッグデータを活用し、エネルギーや交通、行政サービスなどの社会基盤を効率的に管理、運用する都市のことです。

もっと、「スマートシティ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ