2019年 秋期 ITパスポート 問17

イノベーションのジレンマに関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア  最初に商品を購入したときに感じた価値や満足度が、消費する量が増えるに従い、徐々に低下していく現象
 イ  自社の既存商品がシェアを占めている市場に、自社の新製品をを導入することで、既存商品のシェアを奪ってしまう現象
 ウ  全売上の大部分を、少数の顧客が占めている状態
 エ  優良な大企業が、革新的な技術の追求よりも、既存技術の向上でシェアを確保することに注力してしまい、結果的に市場でのシェアの確保に失敗する現象


答え エ


解説

 ア  最初に商品を購入したときに感じた価値や満足度が、消費する量が増えるに従い、徐々に低下していく現象は、限界効用です。
 イ  自社の既存商品がシェアを占めている市場に、自社の新製品をを導入することで、既存商品のシェアを奪ってしまう現象は、カニバリゼーション(cannibalization、共食い)です。
 ウ  全売上の大部分を、少数の顧客が占めている状態は、パレートの法則(80:20の法則、ばらつきの法則)です。
 エ  優良な大企業が、革新的な技術の追求よりも、既存技術の向上でシェアを確保することに注力してしまい、結果的に市場でのシェアの確保に失敗する現象は、イノベーションのジレンマです。


キーワード
・イノベーションのジレンマ

キーワードの解説
  • イノベーションのジレンマ
    シェアトップ企業が顧客のニーズに応えて既存製品改良を進めた結果、技術開発や新製品開発が遅れ、新興企業によるイノベーションに遅れを取り需要を失ってしまうことです。

もっと、「イノベーションのジレンマ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ